〈ながさき石碑めぐり①〉あえて“まちぶら”したくなる 「ながさき石碑めぐり」のススメ

「ながさき石碑めぐり」第1話

NEC Color MultiWriter 9100C/9110C/9010C/9160C/9560C用ドラムカートリッジ PR-L9100C-35お買い得4色セット【リサイクル品】【即日出荷】【送料無料】【SALE】 トナー

長崎市内から長崎港への流れ込む「中島川」は、長崎の有名な観光スポット「眼鏡橋」が架かっている川。

 

 

この中島川沿いをぶらりと歩いていると、○○跡地などの「石碑」や「記念碑」がたくさん建っていることに気付きます。
その場所で「かつて起きた出来事」や「そこにいた人物」の歴史を知ることができる「石碑」ですが、普段長崎で生活している人でも見過ごしてしまいがちなもの。

 

 

有名な「眼鏡橋」のすぐ近くにも、実はたくさんの「石碑」や「記念碑」があるんです。
いま自分が立っているその場所に“歴史を重ねて見る”ことで、長崎のまちはちょっと新鮮な色をして見えてきます。

 

「石碑」をめぐって、長崎の街をちょっとだけ深く知ってみると、
【レビュー特典あり】 ワゴン デスクワゴン キャスター付き 収納 3段 昇降 高さ調整 おしゃれ 無垢材 天然木 木製 北欧 ナチュラル 完成品 L-DESK エルデスク【送料無料】【2年保証】101-01787

 

 

中島川沿いをめぐる石碑めぐり。
臨港鉄道跡からスタート!

長崎港に流れ込む「中島川」を、上流に向かってぶらりと辿って、「石碑」や「記念碑」をめぐってみたいと思います。
まず、長崎港近くで見ることができるのが「臨港鉄道跡」。

 

 

【中古】CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-ZR1600SR 自分撮りチルト液晶 オートトランスファー機能 Wi-Fi/Bluetooth搭載 シルバー
ここには、上海航路の発着場との客貨接続を目的として1930年(昭和5年)に開通した、通称「長崎臨港鉄道」が通っていました。

 

 

SUNCO ニッケル 丸ワッシャー (6.2+0.2) 6.2×11×0.8 (3500本入) 〔品番:W0-00-0060-0621-1008-05〕[2588610]「送料別途見積り,法人・事業所限定,取寄」【代引き不可】

 

 

道路を横切って、実際の廃線跡も残されています。
当時、この場所に橋が架かっており、そのうえを鉄道が走っていたのです。

 

 

車輪には「昭和19年」の文字が。
今はその廃線の跡地は歩道や公園などになっています。

 

 

それでは、ここから中島川沿いを辿って「石碑」や「記念碑」をめぐる“まちぶら”をはじめましょう!

 

 

よく読まれている記事

【京都老舗の漆器店 象彦】【送料無料】日月 好日杯[和食器 盛器 インテリア 花瓶 フラワーベース 漆 木製 おしゃれ モダン お祝い お礼 結婚祝い 贈り物 お返し 内祝い 記念 ギフト おすすめ 海外ギフト ビジネスギフト 日本製]
MOMAMAMPARAS.ES RSS