〈ながさき石碑めぐり①〉あえて“まちぶら”したくなる 「ながさき石碑めぐり」のススメ

「ながさき石碑めぐり」第1話

XEROX 富士ゼロックス CT203210 イエロー リサイクルトナー 互換トナー DocuPrint C3550 d トナー

長崎市内から長崎港への流れ込む「中島川」は、長崎の有名な観光スポット「眼鏡橋」が架かっている川。

 

 

この中島川沿いをぶらりと歩いていると、○○跡地などの「石碑」や「記念碑」がたくさん建っていることに気付きます。
その場所で「かつて起きた出来事」や「そこにいた人物」の歴史を知ることができる「石碑」ですが、普段長崎で生活している人でも見過ごしてしまいがちなもの。

 

 

有名な「眼鏡橋」のすぐ近くにも、実はたくさんの「石碑」や「記念碑」があるんです。
いま自分が立っているその場所に“歴史を重ねて見る”ことで、長崎のまちはちょっと新鮮な色をして見えてきます。

 

「石碑」をめぐって、長崎の街をちょっとだけ深く知ってみると、
SC3OR70HD オレンジプラス EPSON/エプソン 純正インクカートリッジ 【沖縄・離島 お届け不可】

 

 

中島川沿いをめぐる石碑めぐり。
臨港鉄道跡からスタート!

長崎港に流れ込む「中島川」を、上流に向かってぶらりと辿って、「石碑」や「記念碑」をめぐってみたいと思います。
まず、長崎港近くで見ることができるのが「臨港鉄道跡」。

 

 

関西ペイント ハイブリッド 調色 アルファロメオ 428 BLU COSMO 3kg(希釈済)
ここには、上海航路の発着場との客貨接続を目的として1930年(昭和5年)に開通した、通称「長崎臨港鉄道」が通っていました。

 

 

(まとめ) キャノン Canon インクタンク BCI-6/3MP 3色マルチパック 1777B001 1箱(3個:各色1個) 【×3セット】

 

 

道路を横切って、実際の廃線跡も残されています。
当時、この場所に橋が架かっており、そのうえを鉄道が走っていたのです。

 

 

車輪には「昭和19年」の文字が。
今はその廃線の跡地は歩道や公園などになっています。

 

 

それでは、ここから中島川沿いを辿って「石碑」や「記念碑」をめぐる“まちぶら”をはじめましょう!

 

 

よく読まれている記事

(まとめ) エプソン EPSON インクカートリッジ シアン Mサイズ ICC54M 1個 【×3セット】
MOMAMAMPARAS.ES RSS