〈ながさき石碑めぐり①〉あえて“まちぶら”したくなる 「ながさき石碑めぐり」のススメ

「ながさき石碑めぐり」第1話

【10倍Point】【6枚セット】日本製 改良版 3段階調整可能 透明 アクリルパーテーション W900mm×H600mm キャスト板採用 飛沫防止 対面式スクリーン デスクパーテーション デスク用仕切り板 ウイルス対策 衝立 角丸加工 組立式 cap-9060-6set パーテーション

長崎市内から長崎港への流れ込む「中島川」は、長崎の有名な観光スポット「眼鏡橋」が架かっている川。

 

 

この中島川沿いをぶらりと歩いていると、○○跡地などの「石碑」や「記念碑」がたくさん建っていることに気付きます。
その場所で「かつて起きた出来事」や「そこにいた人物」の歴史を知ることができる「石碑」ですが、普段長崎で生活している人でも見過ごしてしまいがちなもの。

 

 

有名な「眼鏡橋」のすぐ近くにも、実はたくさんの「石碑」や「記念碑」があるんです。
いま自分が立っているその場所に“歴史を重ねて見る”ことで、長崎のまちはちょっと新鮮な色をして見えてきます。

 

「石碑」をめぐって、長崎の街をちょっとだけ深く知ってみると、
KNIPEX ラチェットケーブルカッター 250mm 9531-250

 

 

中島川沿いをめぐる石碑めぐり。
臨港鉄道跡からスタート!

長崎港に流れ込む「中島川」を、上流に向かってぶらりと辿って、「石碑」や「記念碑」をめぐってみたいと思います。
まず、長崎港近くで見ることができるのが「臨港鉄道跡」。

 

 

【ラッピング付き】Kinpro design 北欧 XLサイズ 100cm×100cm アートパネル ファブリックパネル アートボード インテリアパネル 壁掛け 日本製 lib-kpr-0019-xl 送料無料 北欧 モダン 家具 インテリア ナチュラル テイスト 新生活 オススメ おしゃれ 後払い 雑貨
ここには、上海航路の発着場との客貨接続を目的として1930年(昭和5年)に開通した、通称「長崎臨港鉄道」が通っていました。

 

 

オーディオテクニカ スピーカーフォン AT-CSP5[21]

 

 

道路を横切って、実際の廃線跡も残されています。
当時、この場所に橋が架かっており、そのうえを鉄道が走っていたのです。

 

 

車輪には「昭和19年」の文字が。
今はその廃線の跡地は歩道や公園などになっています。

 

 

それでは、ここから中島川沿いを辿って「石碑」や「記念碑」をめぐる“まちぶら”をはじめましょう!

 

 

よく読まれている記事

ラ バガジェリー LA BAGAGERIE ナイロンリュックサック (ベージュ)
MOMAMAMPARAS.ES RSS