〈ながさき石碑めぐり①〉あえて“まちぶら”したくなる 「ながさき石碑めぐり」のススメ

「ながさき石碑めぐり」第1話

【大感謝祭でポイント最大43倍】(業務用5セット)【純正品】 Canon キャノン インクカートリッジ/トナーカートリッジ 【BCI-321M M マゼンタ】 ×5セット インクカートリッジ

長崎市内から長崎港への流れ込む「中島川」は、長崎の有名な観光スポット「眼鏡橋」が架かっている川。

 

 

この中島川沿いをぶらりと歩いていると、○○跡地などの「石碑」や「記念碑」がたくさん建っていることに気付きます。
その場所で「かつて起きた出来事」や「そこにいた人物」の歴史を知ることができる「石碑」ですが、普段長崎で生活している人でも見過ごしてしまいがちなもの。

 

 

有名な「眼鏡橋」のすぐ近くにも、実はたくさんの「石碑」や「記念碑」があるんです。
いま自分が立っているその場所に“歴史を重ねて見る”ことで、長崎のまちはちょっと新鮮な色をして見えてきます。

 

「石碑」をめぐって、長崎の街をちょっとだけ深く知ってみると、
グッドイヤー エフィシェントグリップRVF02 205/65R15 94H

 

 

中島川沿いをめぐる石碑めぐり。
臨港鉄道跡からスタート!

長崎港に流れ込む「中島川」を、上流に向かってぶらりと辿って、「石碑」や「記念碑」をめぐってみたいと思います。
まず、長崎港近くで見ることができるのが「臨港鉄道跡」。

 

 

【中古】SD9SB8W-1T00-1122 [X600 SSD(1TB 2.5インチ SATA 6G 7mm厚 )]
ここには、上海航路の発着場との客貨接続を目的として1930年(昭和5年)に開通した、通称「長崎臨港鉄道」が通っていました。

 

 

TGK ステンレス保管庫 V-18045 〔品番:487-57-10-44〕[1860824]「送料別途見積り,法人・事業所限定,直送」【代引き不可】

 

 

道路を横切って、実際の廃線跡も残されています。
当時、この場所に橋が架かっており、そのうえを鉄道が走っていたのです。

 

 

車輪には「昭和19年」の文字が。
今はその廃線の跡地は歩道や公園などになっています。

 

 

それでは、ここから中島川沿いを辿って「石碑」や「記念碑」をめぐる“まちぶら”をはじめましょう!

 

 

よく読まれている記事

沖データ 大容量トナー ブラック TNR-C4KK2
MOMAMAMPARAS.ES RSS